屋根裏部屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 犬吠埼に行ってきました

<<   作成日時 : 2017/07/17 18:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

3連休の真ん中、昨日の日曜日は猫たちにお留守番をお願いして、旦那様とふたりで犬吠埼灯台へ行ってきました。
10年以上前に一度ひとりで行ったことがあるのですが、そのときの話を覚えていたらしく、今度は二人でいってみようと提案されたので、朝から電車に揺られて行きました。
画像

千葉から総武本線で2時間ほど。
銚子駅で銚子電鉄に乗り換えました。
10年以上前に行ったのは、今では「奇跡のぬれ煎餅」と伝えられているエピソードの、銚子電鉄ホームページに「ぬれ煎餅を買ってください」メッセージが出ていた頃です。
当時東京都内の結構ブラックな会社にお勤めしていて、ストレスがピークに達した年末の日曜日、会社と家を往復するだけで終わる日々に嫌気が差して、会社と反対方向にどこまでも電車に乗って行きたいぜ!!と、衝動的に出かけたのでした。

銚子電鉄は、JR銚子駅のホームの奥に乗り換えホームがあるのです。
電子マネーが使えないので、銚子駅の改札で一旦Suicaでの運賃精算をして、それから銚子電鉄の切符を買った気がするのですが、今回行ったら銚子電鉄乗り換えホームの手前に、精算用のタッチパネルが置いてありました。
私が見逃していただけで前からあったんだろうか?それとも、10年の間にちょっと便利になったのかな?
銚子駅の改札からは出ずにそのまま乗り換えしたので、銚子電鉄の切符は電車の中で買いました。
片道340円ですが、往復割引切符というのを買ったら往復で600円だそうでした。

上の写真の入り口から通り抜けて、銚子電鉄ホーム側から写した待合所の写真。
小さな待合所です。
画像

ところで、乗り換えの待ち合わせ時間が30分近くあったので、調子駅でトイレ休憩したのですが、ちょうど駅改札周辺の工事をしているということで、「臨時トイレ」として工事現場でお馴染みの簡易トイレが並んでいました。
なんか、珍しい体験をしてしまったな。トイレは綺麗に掃除してあったので、何も問題ありませんでしたよ。

始発点なので、少し早めに列車が入ってきました。
画像

今回乗ったのはこの車両です。
なにやら懐かしい気持ちになる車両の雰囲気・・・
途中の駅で、キリギリスが乗ってきました。
向かいの座席側の天井を、キリギリスが歩いているのに気が付いたら、目が離せなくなってしまいました。
いくら足にトゲトゲが付いているからって、ツルツルした鉄製の天井を、さかさまになりながら歩いてるの不思議・・・どこにつかまってるんだろう?
ヤツが足を滑らせて誰かの頭に落ちたら、とか、急に方向転換して私のほうに来ませんように、とかドキドキしながら見守っていましたが、目的地が近づいた頃に、強烈なl「田舎の香水」が車内に充満してきて、それどころではなくなりました。
この匂いは、帰りに同じ場所を通ったときにはうそのように消えていたので、本当に何かのタイミングだったのでしょう。
画像

犬吠駅に着きました。
真夏日が続いた中で、昨日はうっすら白く雲のかかった青空で、暑いけど多少は日差しが和らいでいる感じでした。
歩き回るにはちょうどいい天気でしたよ。
・・・ところで、駅の前にこのかたがいらっしゃいました。
画像

どこかで見たような顔をしていらっしゃる・・・
以前訪れた際にはいらっしゃらなかった気もしますが、どうだったかしら。

それはともかく、犬吠埼の海。
画像

暑いけど、海風が気持ちいいので、歩くのは苦になりませんでした。

以前訪れたのは年末が近づいた小春日和。
その日も青空で、とても暖かい日だったのですが、なにしろ年末なのであちこち道路工事していて歩きにくかったり、日が暮れるのが早くてすぐ暗くなってしまったりで、リフレッシュと同時に憂鬱な気分も味わってしまったのです。
「地球の丸さがわかる場所」というキャッチフレーズどおり、水平線がずーっと広がっていて、ああ自然はなんて大きいんだろうと思えるんです。寄せては返す波の音も癒し効果があるはずなんです。
しかし残念ながら、ブラック会社で精神が磨耗した状態では、自然の大きさは逆効果だった模様です。
自然の大きさに比べて、なんてちっぽけな自分・・・って方に気持ちが行ってしまうとよろしくないのですね。
まあるい地球の水平線に日が沈んでいくところを見ていたら、サザエさん症候群の強烈なやつに襲われてしまって、休日が終ってしまう・・・また明日からあの会社へ行かなくちゃ・・・そして道路工事現場のスズラン灯がユラユラしていて、楽しげな家族連れや夫婦・恋人たちに混じって、お一人様の私が帰りますよ・・・
明るい青空の昼に、初めての電車に乗って遠くへ行くワクワク気分はとっても楽しかったのですが、楽しかった分だけ、日が暮れて家に帰る道は憂鬱でたまらなくなってしまいました。
・・・それが昔の思い出。
なので、今回は楽しさ100%の思い出で上書きするために行ってきたんですよ。
精神状態が残念なときの思い出だけでは、犬吠埼に申し訳ないですもんね。

画像

犬吠埼の灯台。
入り口の横に、「上までの階段は99段です。エレベーター等はありません。」みたいな注意書きがありました。
前後にいた家族連れの小学生が頑張って数えながら上ってましたが、確かに99段ありました。
っていうか、99段上りきったあと、更に灯台の展望スペースに上がるためのもっと急な階段が10段くらいありましたけど。
だから、実際には100段以上ありますよ。
狭くて暗い螺旋階段で、降りてくる人とすれ違うのがすごく大変でした。
20段ごとに、段数が書いてあるのですが、80段くらいからがとっても大変!
前にも後ろにも人がいっぱいだから、途中で止まると邪魔になるし、頑張って一気に上るしかありません。
ちなみに、小学生たちも「きつい!」と言ってましたよ〜

でも、頑張って上りきったら景色が良くて、風も気持ちよかったです。
画像

灯台の下のほうには岩場と砂浜が広がっていて、浅瀬で何か捕ってあそんでいる親子連れが何件か。
画像

灯台の螺旋階段でゼエゼエ言ってしまいましたが、もうひと頑張りして海岸に降りてみました。
旦那様は「海に足を入れてチャプチャプしたい!」と出発前から言っていて、入る気満々のサンダル履きモードでしたが、私は沢山歩くのだろうとスニーカーで出かけていたので、岸までは行ったけど足は濡らしませんでした。
画像

しかしですね、岩場はデコボコしていて平らじゃないから、階段よりも疲れますね。
たちまち汗が吹き出して、地面にポタポタ落ちそうなくらいでした。
旦那様は、念願の海でチャプチャプを果たして、しばらく楽しそうに歩き回っていましたよ。
途中で足を滑らせて膝まで水没してズボン濡らしてましたけど、暑いからすぐ乾くしね。
何十年ぶりの「海で水遊び」は、ヤドカリや小さな魚がいっぱいいて、楽しかったそうです。
犬吠駅に着いたのが昼の12時頃で、15時半には帰りの電車に乗ったので、滞在時間は短かったのですが、とても楽しくリフレッシュして帰ってきました。
前回も今回も、銚子電鉄の乗務員さんや職員の皆さんはとても暖かい雰囲気で、ほっこり気分になれました。

今回は日の長い7月ですから、明るいうちに家に帰ってこれました。
海に沈む夕日は、ロマンチックな気分のとき以外には見ないほうがいいと思いますよ。
仕事や生活に疲れて気分転換したいときには見るもんじゃないなと思う・・・切実に思う。
ひとそれぞれだから、力説する気はありませんが、私はあまりお勧めしませんよ。

そんなこんなで、ただいま猫たち。
「おかえり」
画像

それぞれお気に入りの場所で昼寝しながら待ってました。

今朝あげたご飯が、政宗的にはあまり好みじゃないカリカリだったらしく、帰宅した途端におやつを要求して猛アピールをかましてきましたよ。
もうおやつというより晩御飯の時間だったので、留守番ありがとうの気持ちをこめて、政宗お気に入りのネコ缶を開けてあげました。
好みじゃないカリカリでも、一番上に乗っけた漢方薬は真っ先に食べてくれるので、政宗は良い子だなあと思います。
隠さず無造作に薬を乗っけておくと、乗ってる部分から食べ初めて必ず薬を飲んでくれます。
お腹の銚子を整える漢方薬で、苦味があるのでご飯に混ぜて一緒に食べさせていますが、それ以外の薬の場合は、手のひらに錠剤を載せて目の前に差し出すと、おやつのようにパクリと食べてくれます。なつめもそう。
今あげている漢方薬も、目の前に差し出すと一所懸命食べようとはしてくれるのですが、単品で薬だけ口に入れると苦味が気になるのか吐き出してしまうのです。
吐き出してもまた頑張って口に入れて食べようとはしてくれるんですよね。
何度も挑戦している姿に何か申し訳なくなって、口直しのおやつカリカリと一緒か、ご飯と一緒にあげることにしたのです。それなら何度も苦い思いをせずに一度で食べられますからね。

日にち変わって今朝の政宗とさつき。
画像

突然振り出した雨にびっくりして地面を凝視するさつき。
その頃なつめは、お膝の上でまん丸になってました。
画像

本当に、昨日は留守番ありがとうね。
おかげで気分転換、楽しかったよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス
犬吠埼に行ってきました 屋根裏部屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる