屋根裏部屋日記

アクセスカウンタ

zoom RSS なつかしの青森市

<<   作成日時 : 2018/05/17 00:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

5/12と5/13の土日で、故郷の青森へ行ってきました。
新幹線で3時間とは、ずいぶんと近くなったものです。
その昔、私が上京してきた頃には6時間以上電車に揺られてきたものですが。

いつものお仕事の日よりも少し長いお留守番になるので、猫たちには申し訳ないのですが、昨年母も他界して、なんというかうまく言えないけれども、今帰郷しておかなければいけないような気がしたものですから。
画像

しばらく前から、いつもより少しだけ長い留守番をお願いするよと何度も話しかけておりましたが、果たして猫たちには理解できていただろうか?
画像

結論としては、全然心配なく普段どおりに過ごしていたようで、ひと安心でした。
今後も極力、日にちをまたぐ留守番はさせないように心がけたいですが、今回は本当にありがとう、お利口さんたち。

新幹線が青森まで行くようになり、故郷にもいろんな変化があったようです。
昔、青森県内を走っていた部分の「東北本線」は、今は「青い森鉄道」になっているんですね。
東京から新幹線で行った場合は、昔懐かしい見慣れた車窓ではなく、なんかめちゃくちゃ山間部を通って、三内丸山遺跡などに近い場所に新しく作られた「新青森駅」に到着するのですね。
画像

昔はすべて青森駅が終着点でしたが、新幹線が通ってからは、青森駅ってなんか微妙な存在感だね。
それもちょっと寂しく感じました。
新幹線で青森に向かうと、以前とは違った方角から青森市に入っていき、私の懐かしい風景が見えてくる前に新青森駅に到着するんですわ・・・なんていうか、個人的には実に物足りないというか、「帰ってきた」実感が足りない。

物心ついた頃に住んでいた家の近くまで、タクシーで移動したのですが、タクシーの運転手さんに青森出身だと話したところ、いろいろと懐かしい場所の現在について案内しながら走ってくれました。

国道7号線をぶらぶら歩いていくと、青森県庁があります。
画像

新潟から青森へ、日本海側を走っていく国道7号線と、東京から青森へ太平洋側を走っていく国道4号線が、この青森県庁の前で合流します。
県庁前に石碑があって、ここからこっちは4号線で、あっちは7号線だよと表示していたはずなのですが、今回石碑が見つからなかったんですよね。見逃したのか、移動したのか?

そして、県庁にも不思議な違和感・・・
家に帰って、昔々、そりゃもう30年以上前に写した写真を見たら、ああなるほど!って思いました。
これが私の知ってる青森県庁。
画像

昔の写真をスキャンしました。
プリントで見ると特に劣化を感じない綺麗な写真なのに、スキャンしたら色あせている・・・見るからに昔の写真って感じですね。
35mmフィルム写真なのですが、右下に入っている日付が1986年7月30日ですよ。
もっと昔は、青森県庁の隣に県立病院があったのですが、この写真の頃には県立病院は東バイパス方面に移転しており、跡地は「青い森公園」になっておりました。
1986年にはまだ植えられた木も若くて何もない公園でしたね。
画像

30年以上経つと、木も生い茂って緑ふっさふさ。
2018年の公園前はこちら。
画像

公園の中を通り抜けました。
遅咲きの八重桜はまだいくらか咲いていました。
画像

昔の町並を少し貼ってみましょうか。

国道7号線を振り返ってみます。
古川跨線橋の手前には、「亀屋みなみ百貨店」がありました。
画像

この写真をスキャンして、ちょっと拡大してみたときに、店の壁についている縦長の看板に「虹のデパートみなみ」って書いてあるのを見つけ、ああそういえばそんなコピーだったなとしみじみ懐かしくなりました。
今はもうない百貨店です。
この写真の時点ではまだ営業中なのでしょうか?
まだ私が青森で暮らしていた頃に閉店したような気もするんだけど。
そして、結構長い間廃ビル状態になってて、寂しいなあと思ってた気もするんだけど、なんだか記憶がはっきりしない。

みなみデパートの隣に、「ホテルニュークドウ」の看板も見えます。
これは、地元の製パン会社「工藤パン」のビルだったような。
1Fは焼きたてパンの店で、2Fがレストラン、上層階がホテルだったと思います。
先日行ったときには、ここはデイリーヤマザキになってました。

1986年の新町通り。
「長(かねちょう)武田百貨店の存在感・・・
画像

今は、建物はそのままで「さくら野百貨店」になってました。
隣の成田本店は、今も健在で、学生時代通った書店がまだ頑張っていてくれるのはとても嬉しく思います。
写真をよく見ると、左側に「洋菓子サンドリオン」の文字が見えてます。
ああそうだ、あったわケーキ屋さん!そして悲しいかな今は閉店してしまったそうなんですよ。
サンドリオンのほかに、「青森コロンバン」から改名した「シャトーブリアン」という洋菓子店もあったのだけど、そちらもずいぶん前に閉店してしまっているようです。

2018年の新町通りも、道の反対側に渡ってから写真を撮ればよかったなあ。
画像

左側、さくら野百貨店の縦長看板に、「長(かねちょう)マークが残っているのを見て、何故か嬉しくなる私でした。
ちなみに、翌朝反対側から写した写真がこれ。
画像

さくら野百貨店。
建物自体は、ほぼ昔の武田百貨店のままに見えるけど、看板とか、装飾的なものが地味になってません?
単に色合いでの印象なのかもしれませんが。

なんだろう、30年も前の新町通りのほうが、賑やかで活気のある風景に見えるのは、私の思い出補正によるものなのか?
今現在は、閉店した店とか、看板が真っ白になっている廃ビルが目に付いてしまって、懐かしさより寂しい気持ちが勝ってしまいました。
あの場所も、あの場所も、元は何があったのか、いまいち思い出せない。
もっともっと、写真に写しておけばよかったなあ。

1986年には既にあった、物産館アスパム。
画像

当時は周囲に何もなくて、この三角形だけがぽつんと海の前にそびえている、不思議な光景でした。
ほら、真横から全景が写せるほどに何もなかったわけですよ。
画像

横から見ると、なんだかわからないほど薄い!
そしてこの地面!
アスパムの前に、今は青森ベイブリッジがかかってますが、この当時はまだ影も形もありません。

裏に回るとこんなでした。
画像

裏は思いっきり土の空き地!

2018年には、ちょっとした海辺の公園みたいになってました。
画像

周りに建物もありますね。

そして、海を見ると豪華客船が停泊してましたよ。
画像

クルージングのコースになってるんですね。
観光案内には、客船のスケジュール表も載っていました。

反対側、青森駅方面までずっと公園になってます。
画像

かつて青森駅の端っこには青函連絡線乗り場があったのですが、今はメモリアルシップ「八甲田丸」が資料館として停泊しているのみです。
画像


ちなみに、1986年の同じ場所はただの岸壁!
ときどき釣りしてる親子に出会ったりします。
画像

青函連絡船も、まだ元気に運航中。
この2年後くらいに運行終了となります。

青函連絡船が出航します。
画像

昔は日常の風景でしたが、今では見ることの出来ない風景なんですね。
画像

青函連絡船、甲板で海を眺めていると、たまにイルカの群れが船と並んで、しばらくついてきてくれました。

そして私の見慣れた青森駅。
画像

今の青森駅。
画像

何か物足りない気がしていたのだけど、大きな時計がなくなった為なのかな?
駅前ロータリーも整備されて整っているのですが、なんだか妙に寂しいような。
昔あった土産屋とか、地元の飲食店がなくなって、吉野家とか全国チェーンの居酒屋とか、コンビニが目立つようになりました。
なんていうか、青森らしさが格段に少なくなったなというのが私の印象です。

最近は、どこの土地に行ってもだいたい同じような全国チェーンの店ばかりだし、どこでも大して変わりないような気がしてしまう。
私がずっとこの土地を離れていたから思うことであって、ずっと住んでる人たちにとっては、この変化は生活が便利になることなのでしょうから、寂しいとか言ってちゃいけませんよね。
でもね、欲を言うと、外見だけでも昔ながらの地元の店っぽくあってほしいなと、思っちゃうんですよねやっぱり。

実は青森でも懐かしの神社巡りをしているのですが、神社の話は他の機会に分けようと思います。
今回は、昔の写真と見比べたくなってしまいましたので。

そして、2日目には弘前に向かい、懐かしの弘前城を訪れているのですが、これもまた後日ということで。
なつかしの写真をスキャンで取り込んだりしていると、時間がかかっちゃって毎日サクサク投稿というのも厳しいですね。
まあ、あまりリアルタイムにこだわらず、気が向いたときに思いついた話をしていこうかなと思いますが。

いつもよりちょっと長めの留守番の後、猫たちが一段と甘えん坊になったり・・・ということは特にありませんでした。
猫3匹いると、人間のことより猫社会が優先になるからでしょうかね?
画像

まあ、マイペースにリラックスしてくれていたほうが安心で良いのですが。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい
なつかしの青森市 屋根裏部屋日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる